yumでCentOSにインストールした古いgitを削除し、新しいgitを入れなおす

前提
gitのソースをダウンロードし、ビルドしてインストールするため、gcc、makeなどの開発ツールが必要。

rootでログイン

開発ツールが入っていない場合はインストール

yum groupinstall "Development Tools"

※2016.04.15追記

まずgit本体
https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/
へアクセスし、最新のgitのバージョンを確認

yum remove git
yum install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel perl-ExtUtils-MakeMaker wget
wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-X.X.X.tar.gz
tar -zxf git-X.X.X.tar.gz
cd git-X.X.X
make prefix=/usr/local all
make prefix=/usr/local install
hash -r
git --version

※2016.01.20 hash -r のコマンドを追加。(バージョンアップ後に、yumで元々入っていた/usr/bin/gitを見ようとしてno such fileが出るため。)
※2016.04.15 yumでインストールするパッケージにwgetを追加

次にマニュアル

gitのバージョンと同じマニュアルをダウンロードして解凍

wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-manpages-X.X.X.tar.gz
mkdir /usr/local/git-manpages-X.X.X
tar zxf git-manpages-X.X.X.tar.gz -C /usr/local/git-manpages-X.X.X
cd /usr/local/
chown -R root:root git-manpages-X.X.X
chmod a+r git-manpages-X.X.X
chmod a+x git-manpages-X.X.X

各ユーザの.bash_profileに以下追記

export MANPATH="/usr/local/git-manpages-X.X.X:$MANPATH"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です